INコース

HOLE10

HOLE10

HOLE10

フラットなミドルホール。第1打は正面中央の松の木と左クロスバンカーの間を狙う。
第2打はベント右サイドが窪地なので、やや左狙いが安全。距離があるため飛ばない人は第2打を両グリーン手前に刻み、アプローチで勝負するのも賢明な作戦。

このページの先頭に戻る

HOLE11

HOLE11

HOLE11

フェアウェイ中央部が途中から急に左に落ちており、さらに左ラフは崖のため第1打はコントロール重視で右サイド狙い。第2打も左に落とさないよう右土手裾方向へ。グリーン手前の両バンカーはアゴが深い。キャリーオンか刻むか明確な判断を。

このページの先頭に戻る

HOLE12

HOLE12

HOLE12

左ドッグレッグだが、第1打は左の山裾狙いでよい。右の崖は大怪我のもと。
グリーン手前100YD付近からフェアウェイが右に下り、さらに上り勾配になるため距離感をつかみにくい。グリーンオーバーは下り傾斜。無理せず花道から丁寧に乗せていこう。

このページの先頭に戻る

HOLE13

HOLE13

HOLE13

ベントは左手前を狙えるが、コーライはキャリーボールが必要。打ち下ろしだが、手加減しないようしっかりヒットして。特にコーライ左にピンが立つ日はフック気味に出ると崖にこぼれてしまう。グリーンの傾斜もきつい。2パットの気持ちを忘れないように。

このページの先頭に戻る

HOLE14

HOLE14

HOLE14

やや左ドッグレッグでフェアウェイは左傾斜。このため第1打は前方ガイドポールの右狙いで。セカンドもフックしないよう花道サイドから丁寧に攻めていくとよい。
ベントは受けグリーンのためピン手前に乗せるとパーチャンス。
コーライの左の崖は最大の危険ゾーン。はずしても右から攻めよう。

このページの先頭に戻る

HOLE15

HOLE15

HOLE15

豪快な打ち下ろしホール。第1打の落下地点フェアウェイが途中から左傾斜のため第1打は右土手裾狙いで。グリーン周りはバンカーが効いており、2オンを許されないのでコーライサイドから乗せるほうがよい。

このページの先頭に戻る

HOLE16

HOLE16

HOLE16

やや打ち上げでフェアウェイが右傾斜のミドルホール。
第1打は落下地点のグラスバンカーに注意しながら左から攻めていく。
第2打は両グリーン手前の大きなバンカーに注意し、やや大き目のショットを心がけよう。

このページの先頭に戻る

HOLE17

HOLE17

HOLE17

沢越えのショートホール。ベントの場合はプッシュアウトに十分注意しコーライサイドから攻めていくのがポイント。
コーライは右が砲台状に高くなっているので、グリーン中央やや左へキャリーボールを運ぼう。やや打ち上げのため大き目のクラブで。

このページの先頭に戻る

HOLE18

HOLE18

HOLE18

200YD付近からダウンスロープになるため第1打はスプーンまたはバッフィークラスのクラブでフラットフェアウェイへ。距離がないため、それでも第2打はショートアイアンで攻められる。鮮やかなキャリーボールでバンカー超え、パーをモノにしよう。